デザインノートNo.71

特集:制作会社・クリエイティブエージェンシーから学ぶ
「デザインの新しい流儀。」

定価(本体+税):1,728円
ISBN:978-4416517499
2017年1月26日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

特集:制作会社・クリエイティブエージェンシーから学ぶ
「デザインの新しい流儀。」

最先端に位置する制作会社やクリエイティブエージェンシーのデザインを、どこか遠い存在として眺めていないだろうか。少なくともデザインを制作するサイドの人間なら、関係のない世界と切り離していては、視野が狭くなってしまう。

トップを牽引する彼らが生み出すデザインのマインドやクリエイティブのクオリティには、圧倒的なものがある。
たえず結果が求められる厳しい条件の中で、デザインを世の中に送り出すパワーの源泉に学ぶことは多いと思う。

今回はトップランナーとして疾走を続ける実力派の制作会社とクリエイティブエージェンシーを取材し、デザインを検証してみる特集だ。特に若手のデザイナーに注目することで、連綿と受け継がれる「デザインのマインドや流儀」を実例とともに伝えたい。

CONTENTS
●特集
制作会社・クリエイティブ・エージェンシーから学ぶ
「デザインの新しい流儀。」

●日本デザインセンター
多岐に渡るデザイン領域で
クオリティを維持し本質を見極める

●サン・アド
デザインと言葉の力を信じ、
誰かのためになる広告をつくりたい

●ライトパブリシティ
1951年にライトパブリシティは設立され、
65年にわたって数々のデザインを生み出し
たえず変革を起こすチャレンジを続けている。

●ドラフト
デザイナーの幅を広げる、
ドラフトという環境

●キャップ
時代と真摯に向かい合い、
飽くなき挑戦を続けるデザイン集団

●タグボート
企画のクオリティで勝負する
“真”のクリエイティブ・エージェンシー

●猿人
コミュニケーションを手法に
「新しい何か」を創造する

------------------------------------
■連載:佐藤可士和の視点とデザイン
新たな概念を提供し続ける、
クリエイターとしての生き方
片山正通×佐藤可士和
------------------------------------
■工藤強勝先生の[文字組デザイン講座]第16 回
アイキャッチ効果を狙った
既成書体の縦横無尽な文字組
------------------------------------
デジタル・ピクチャーズ NEWS
小西利行(CD・コピーライター)
×
田所貴司( 映像クリエイター)
ほか

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

全都道府県を代表するモノづくりの若き匠を発掘・サポートするプログラム「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」の集大成となるプロダクトの発表・バイヤーとの商談の機会として、今回は、選考会で選出された全都道府県を代表する52名の匠が一同に会し、サポートメンバーとの面談を経て制作してきた新しいプロダクトを公開、プレゼンテーションを行います。

当日会場では、小山 薫堂さんをはじめとする各サポートメンバーが、全作品のうち『注目の匠』を選出しご紹介いたします。
その土地ならではの“伝統の技術”と若き匠による“革新のデザイン”をぜひご覧ください。

続きを読む

#1 D&ADプレジデント、ブルース・ダックワークによる2016年度デザイントレンドおよび課題の分析。

D&ADが毎年運営する4つの賞*(プロフェッショナル・アワード、ニューブラッド・アワード、ネクスト・アワード、インパクト・アワード)の2016年度受賞作品の評論およびにD&ADの評価の基準について解説。毎年70カ国以上の国から参加が集まるD&AD賞を、クリエイティブの分野、参加国、注目のクリエーターなど多方面からD&AD賞を徹底分析。

開催日:2017年1月31日(火)
時間:18時半ー20時半
出演:ブルース・ダックワース
参加費:2,000円(ドリンク付)
https://eventdots.jp/event/609211

続きを読む

20組以上の若手アーティストを中心とした
多ジャンルの出店者たちが、それぞれの「福袋」を表現します。

会場にはアート作品、グッズ、自転車アクセサリー、指圧、WEBの検索履歴(!)など、
個性的な出店者たちによる、福袋が並びます。
アーティストたちが直接販売いたしますので、
会場に足を運んでいただくだけでも、楽しめる場になると思います。

<三三三市とは>
アートセンター「3331 Arts Chiyoda」が主催する月に1回のちいさなマーケット。
月ごとにテーマが設定され、毎回あたらしい出会いを楽しむことができます。

<3331 Arts Chiyodaとは>
秋葉原付近にある、元中学校の施設をリノベーションしてつくられたアートセンターです。
館内にはギャラリーやショップ、レンタルスペース、親子休憩室などがあり、アート好きな若い世代から
ご年配の方々、小さなお子様連れのご家族までお気軽にご利用いただけます。

続きを読む

美術品ではなく、庶民が日常的に扱う日用品に日本の美と手仕事を見いだし、世界にその価値を知らしめた民藝運動。そのメンバーの1人であるバーナード・リーチが1934-35年にかけて来日し、当時貴重であった16ミリの機材で自ら撮影したフィルムが長らく氏の自宅に眠っていました。柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎など民藝運動を起こしたメンバーの姿や、当時の日本各地のものづくりの現場やさまざまな風土、風景がそこにはありました。
カナダ人映像作家のマーティ・グロスがその存在にたどり着き、晩年フィルムを譲り受け、劣化したフィルムをデジタル化し、撮影された内容を確認しながら、民藝をテーマにした映像作品を製作したり、日本に眠っている映像資料を掘り起こす活動を続けてきました。
本展では、先人達が残してくれた貴重なフィルムから、未来へつながるものづくりや暮らしのヒントを探ります。

http://www.muji.com/jp/events/5116/(公開中)

続きを読む

1/14(土) 17:00よりオープニングレセプション

野老は、9.11アメリカ同時多発テロに大きなショックを受け、世界の断絶を「つなげたい」という願いからピースマークを考え始めました。そのマークをつなげることが、現在の紋様制作の出発点になっています。
紋や紋様の平面作品はコンピューターを使って作図していますが、核となる[個]と[群]は組体操のように一つ一つパーツを置いて描く手法のため、コンパスと定規さえあれば再現可能です。野老の紋様制作は、規則性の中にある数学的法則の「美」を手探りで探求し、その美に触れた時の、自身の驚きと感動が原動となっているように思えます。
今回新作として発表するのは、縞模様の菱形パーツを組み合わせることで何億通りもの紋様を生み出すことができるRHOMBUS(ロンバス)シリーズの平面作品。何億通りの可能性の中から、野老に選び出された紋様で表現する[RISING]には、低迷した状況や気持ちに対し「昇る、上がる」ことへの願いが背景にあります。
今回の展覧会は[RISING]をテーマに、新旧織り交ぜた平面・立体作品を展示いたします。
また、会期中はゲストを招いたトークイベントを行う予定です。(作家来場およびイベントの日時・詳細は後ほど掲載いたします。)

続きを読む

会期:2017年1月11日(水)〜1月27日(金)
日曜休館・入場無料
開館時間:11:00a.m.〜7:00p.m.
場所:ガーディアン・ガーデン
詳細URL:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=26879

続きを読む

会期:2017年1月31日(火)〜2月17日(金)
日曜祝日休館・入場無料
開館時間:11:00a.m.〜7:00p.m.
場所:ガーディアン・ガーデン
詳細URL:http://rcc.recruit.co.jp/gg/?p=26902

続きを読む

創業約300年の老舗だるま店とLINE FRIENDSがコラボレーションしました。
老舗企業と現代を代表する企業の融合作品が限定販売されます。

Hanjiroでは、江戸末期から続く老舗だるま店の白河だるま総本舗とLINE FRIENDSの人気キャラクター「ブ
ラウン」「サリー」「コリー」がコラボレーションした『LINE FRIENDS DARUMA』を、2016年12月26日
より原宿、福岡、仙台のLINE FRIENDS STORE、そしてLINE FRIENDS公式のオンラインストア(https://
www.linefriends.jp/)で販売開始いたします。

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • デザインノート読者プレゼント
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • ベーシックインパクト

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ