デザインノートNo.72

特集:「写真のデザイン」

定価(本体+税):1,728円
ISBN:978-4416517505
2017年3月24日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

《誤りと訂正のお知らせ》
掲載内容に一部誤りがありました。謹んで訂正いたしますとともに、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
●93ページ 
KIRIN 商品キャプション
誤:KIRIN「一番絞り 若葉香るホップ」2017年

正:KIRIN「一番搾り 若葉香るホップ」2017年

特集:「写真のデザイン」

写真はグラフィックデザインに欠かせない要素である。たとえばデザイン初心者のスキルをあげるために「一眼レフカメラを持って、写真を撮っておいで」と薦める。

写真の中には、平面構成にはじまり、色彩、トーン、ディテール、トリミングなど、デザイナーとして考えなければいけないポイントがギッシリ詰まっているからだ。デジタルカメラが主流になった現代だからこそ、あらためて「写真」を学び直すことが必要だと思う。

今回の特集はトップを走る写真家やアートディレクターへの取材を通して彼らの言葉から、現代のデザインに必要なキーワードを抽出することを試みる。積年の経験と、しっかりと裏付けられた技術力を目の当たりにすることで「写真」に対する認識を新たにできるだろう。この特集から自分のデザインをスキルアップするためのアイデアやヒントを獲得してほしい。

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

吸水性などの“高品質”を体験できる『今治タオルLAB』を新設
「今治タオルファクトリー」をコンセプトに
クリエイティブディレクター佐藤可士和氏がデザイン

2017年4月27日(木)グランドオープン


今治タオル工業組合(愛媛県今治市 理事長 近藤聖司)により推進されるジャパンブランド「今治タオル」は、これまで今治タオルブランドを築き上げてきた国内最大級の売り場面積を持つ「今治タオル本店」(愛媛県今治市)を、2017年4月27日(木)にリニューアルオープンいたします(※)。
(※)「今治タオル本店」のみ3月17日(金)に先行してプレリニューアルオープン。「今治タオルLAB(ラボ)」 が新設されるグランドオープンは4月27日。

続きを読む

無印良品有楽町店 ATELIER MUJIでは2017年4月28日(金)〜 2017年6月25日(日)まで、『布、色、インド』展を開催いたします。


日本とインドをつなぐ布と色。日本のデザイナーがインドを旅して見つけた絶妙な色と柄がインドの布となり、この春、Found MUJIに誕生しました。

インドにとって布は、永きに渡り特別な存在でありつづけています。例えば、国旗の中央に大きく糸車が描かれていた時代があったことからも、この地の暮らしに手工業としての布は深く根ざしていることが読み取れます。そして今もなお、世界の多くの手織物が、インドの人々の手によって生み出されています。
また、その布を彩る色は、インドの豊かな自然、広大な国土、人口12億人を越える人種や民族の多様さを反映し、じつに多彩で魅力的な風景を作り出しています。街を歩けば、建築物、車や自転車、日用品、衣服、食品、動物にまで、街には色がエネルギーとともにひしめいています。そんな混沌として圧倒的な色の洪水の中に、わたしたちがほっとする色、心安らぐ色も存在します。潤いや安らぎを感じる気持ちはひとそれぞれですが、文化や歴史や物理的な距離をこえた親しみが、色を通してわいてきます。
 本展では、インドの街を旅して見つけたいろいろな布や生活雑貨の色や風合いを通して、やさしいインドを感じることができる庭を空間として表現しました。色は人をつなぎ、文化をつなぎます。色と布とインドのささやかな景色を愉しんでください。

http://www.muji.com/jp/events/6305/ (公開中)

続きを読む

会期:2017年4月5日(水)〜5月14日(日)
時間:9:00〜20:00
会場:生活工房ギャラリー(三軒茶屋・キャロットタワー3F)

日本の生活のなかで息づく「赤」。
古代より祝事や魔除けの意味を持ち、日本独自の伝統文化として美しさと豊かさを受け継いできました。

「赤」は、原材料によっても、紅、朱、丹、緋など名称が異なります。
「赤」の多彩な表現からも、古来より四季のうつろいを感じ、
自然の色合いを生活に取り入れてきた日本人の技と美意識が感じられます。
赤に込められた願いを、染織と衣服をはじめとする生活に関わる領域から見出します。

続きを読む

無印良品有楽町店 ATELIER MUJIでは2017年3月31日(金)〜 2017年4月23日(日)まで、『新生活のスイッチ –僕たちが出会った新生活』展を開催いたします。

春がきました。
うららかな日ざしとともに、地上に生命力が満ちてゆくのを感じます。日本では、大きな変化を迎える新年度のはじまりでもあります。
入学、卒業、新学期、進級、席替え、入社、異動、転勤、引っ越し。それは、あなたの新たな生活のスイッチになるのかもしれません。
そのとき人は何を考え、何を感じ、何をするのでしょう。
そこで一組のアーティストが気になる人たちに逢いに行き、新生活をテーマにお話を伺いました。
本展では、その言葉のかずかずを紙に束ね、仕掛けのある空間でみなさんにお届けします。
ふだん見過ごしているかもしれない、生活の中にひそむスイッチを探して下さい。

http://www.muji.com/jp/events/5892/ (公開中)

続きを読む

掲載内容に一部誤りがありました。謹んで訂正いたしますとともに、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

続きを読む

岐阜県と美濃和紙事業者、美濃市、外部専門家を入れた「美濃和紙ブランド価値向上研究会」は、世界5 都市(東京・岐阜・ニューヨーク・パリ・ミラノ)で「ワールドプレミア 美濃和紙ブランド展」を開催します。

2014年の本美濃紙のユネスコ無形文化遺産登録を機に立ち上がった本研究会では、これまで定義があいまいだった美濃和紙に、「本美濃紙」「美濃手すき和紙」「美濃機械すき和紙」の3区分の認定基準を策定。さらに、基準をクリアした製品のみに使用するブランドマークの制定、それらを紹介するブランドブックの作成と、新たな美濃和紙のブランド化へ向けた準備を進めてきました。

続きを読む

世界10カ国14都市で活躍中の日本人デザイナー14名によるエッセイ集『海外でデザインを仕事にする』の刊行記念イベント第2弾。今回も、執筆者の中からお二人をゲストにお迎えします。
スウェーデン・ストックホルムにあるアトリエを拠点としつつ、人の感覚に作用する変化を空間にもたらすテキスタイルデザインやインスタレーション作品を展開されている森山茜さん、そして、オランダ・アムステルダムにあるヨースト・グローテンス(Joost Grootens)のスタジオで、グラフィックデザインやブックデザインのプロジェクトに携わってこられた清水花笑さんです。

続きを読む

2017年7月1日OPEN予定の創造的複合拠点【unico(ウニコ)】で
テナント募集のご案内です。

川崎駅から徒歩10分の距離に位置する【unico】は、「発酵してる?」をスローガンに、
クリエイター、アーティスト、ベンチャー、アスリート、アクティヴィストなど
さまざまなデザインシンカーが集まる創造的複合拠点です。

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • クリエイティブディレクター佐藤可士和さんへの質問、大募集!
  • デザインノート読者プレゼント
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • デザインノート編集部 求人情報
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • ベーシックインパクト

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ