Information

生命の表現力 山下清とその仲間たちの作品展 会期:9/2〜10/1

3
8月

 今年、創立89年を迎える知的発達障害児入園施設「八幡学園」(1928年開園・千葉県市川市)は、「踏むな 育てよ 水そそげ」の指導理念のもと、心の触れ合いを通して一人ひとりの特性を見出してきました。山下清は、1934年(12歳)八幡学園に入園し、そこで貼絵に出会い、才能を開花させました。山下清をはじめ、八幡学園の仲間たちである石川謙二・沼祐一・野田重博は、それぞれに障害を抱えながらも「美」に対するたぐい稀なる「天性」を感じさせる作品を多数残しています。

 今回の作品展では、4人の作品100余点と合わせて山下清の放浪日記、習字、学園での思い出の写真なども公開します。数々の作品から、その表現のうちに込められた、生命の表現力の煌めきをぜひ感じていただければ幸いです。

https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/8459/

●関連イベント●

◆記念講演会「なぜ? どうして? ── 真実を求めた山下清」

山下清作品展を通して9年間行動を共にした松岡氏しか知らない山下清の素顔に迫ります。

日時:9月17日(日)14:00〜15:30(13:30開場)
講師:松岡一衛(社会福祉法人 春濤会 八幡学園 理事)
1F映像ホール/定員270名(申込不要・先着順)/無料 ※観覧券(半券可)が必要

◆貼絵ワークショップ「あったらいいな、こんなチョウチョ」(要事前申込)

日時:9月3日(日)14:00〜16:00(13:50開場)
講師:松田拓実(障害者造形教育研究指導員・八幡学園造形教室講師)
※申込先など詳細はイベントページをご覧ください。
https://www.kawasaki-museum.jp/event/8647/


◆連携特集上映〈アートへの情熱〉

連携上映として、さまざまなアーティストたちの情熱を描いた映画を特集します。

日時:9月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・23日(土・祝)・24日(日)・30日(土)、10月1日(日)各日11:30〜/14:00〜
※上映作品・スケジュール等、詳細は上映案内のページをご覧ください。
https://www.kawasaki-museum.jp/cinema/8275/


◆学芸員による展示解説
9月23日(土・祝)14:00〜 / 無料 ※当日の観覧券が必要

[展覧会情報]
生命の表現力―山下清とその仲間たちの作品展

会場=川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
会期=2017年9月2日(土)〜10月1日(日)
開館時間=9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日=月曜日(ただし9月18日は開館)、9月19日(火)
観覧料=一般700円(560円)、65歳以上・大学生・高校生500円(400円)、中学生以下無料
    ※( )内は、20名以上の団体料金
    ※障害者手帳などをお持ちの方及びその介護者は無料
    ※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
    ※「ハイチアート展」観覧券の半券で100円割引
主催=川崎市市民ミュージアム、「八幡学園」山下清展事業委員会

ページの先頭へ