Information

Clad in the Universe ‒ 宇宙を纏う KYOTARO

2
2月

(C)KYOTARO

2017年2月24日(金)-5月18日(木)

目に見えない存在に焦点を当て、異世界を鮮やかに描き出す
アーティスト、KYOTAROによる7年ぶりの大型個展

DIESEL ART GALLEY(渋谷)では、2017年2月24日(金)から5月18日(木)の会期で、KYOTAROの7年ぶりとなる
大型個展「Clad in the Universe−宇宙を纏う」を開催いたします。
KYOTAROは、異次元の目に見えない存在に形を与えることで、作品を制作しています。ふとした瞬間に私たちが感じる何かの気配や、神秘的な体験は、KYOTAROの作品制作において大切な要素です。今にも動き出しそうな躍動感あふれる画面、水滴や気泡の質感の描写、光、神々や幻獣、動物、妖精など、繊細で綿密なタッチからなる作品は、白黒を基調としながら、鑑賞者の意識を刺激し鮮やかな世界へと引き込みます。

(C)KYOTARO

ARTIST STATEMENT :
10万年後の世界は、どのような風景だろう ?
人間や動物、植物たちは存在しているだろうか?
未来人は、どのような洋服を着ているだろう?
それはきっと、光のようなものではないだろうか?
様々な想いが、想像の世界を通して湧いてくる。
まだ知られていない叡智が、地球には眠っているのかもしれない。
地球から宇宙(そら)に目を向け、
遠く離れた銀河や惑星に思いを馳せるところから、
いつも当たり前に存在し、私たちに豊かな気持ちをを与えてくれる
地球の存在に立ち戻ってみる。
本展を通して、いつもの目の前の風景が、少し違って見えるき
っかけになればと思います。
絵には光を感じるような次元の要素を前面に詰め込みました。
皆さんにその光を感じていただけたら幸いです。

KYOTARO

CONCEPT :
本展は、「10万年後の世界で、未来人がまとう衣」をテーマに描いたドローイングを中心とした新作の大型作品13点と、ペイントも含めた小作品約80点を展示する大型個展となります。液体や光でできた衣、意識のやりとりを促す衣、通信機能が備わった衣など、現実での再現が難しく、普段見慣れない造形を表現することで、遠い未来に想いを馳せ、未知の世界を探求する空間を作り出します。
会場では展示作品をはじめ、ポストカードなどの展覧会限定オリジナルグッズも販売いたします。
また、会期中の4月28日(金)19:00−21:00にはサイン会の開催も予定しております。

展覧会概要
タイトル:Clad in the Universe ‒ 宇宙を纏う
アーティスト: KYOTARO(きょうたろう)
キュレーター:Yu Murooka(Higraph Tokyo)
会期:2017年2月24日(金)−5月18日(木)
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL: 03-6427-5955
WEB: www.diesel.co.jp/art
開館時間:11:30-21:00
入場料:無料
休館日:不定休
協力:Art Translators Collective(相磯展子) / 糟谷健三 / STICKER DESIGN CUTTING★FINE / 株式会社瀧本写真事務所 / 三菱鉛筆株式会社 / リキテックス

(c) hiroshi kaneko

ABOUT :
KYOTARO(きょうたろう) | www.kyotaro.biz

1978年京都生まれ、1998年に京都嵯峨美術短期大学グラフィックデザインコース卒業。現在は、東京と故郷の京都を
拠点に、ドローイング、ペインティング、マンガ、アニメーションなど、幅広い作品を制作。国内での多数の個展の他、
ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコ等でのグループ展にも参加し、国内外で積極的に作品を発表。
近年では「RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO」キャンペーンヴィジュアル(2014年)や、伊勢丹新宿店本館1階ウィンドーディスプレイ(2013年)を手がけたほか、111 Minna Gallery(サンフランシスコ、2012年)、MIZUMA ONE GALLERY(北京、2011年)、Hwas Gallery(上海、2011年)、ミヅマ・アクション(東京、2010年・2008年)をはじめとする数多くの展覧会にも参加し、個人の創作活動からコマーシャルワークまで、その活動は幅広く注目されている。近年の主な展覧会として、グループ展「MONOCHROME」(HHH gallery、東京、2015年)、グループ展「GLOBAL HOTO COLLABORATIONS」(写真家・田附勝とコラボレーション作品を展示、

DIESEL ART GALLERY、東京、2013年)、グループ展「Shinkansen Conspiracy」(111 Minna Gallery、サンフランシスコ、2012年)、グループ展「七問 - 現代日本の若手アーティストたち」( MIZUMA & ONE GALLERY、北京 / Hwas Gallery、上海、2011年)、個展「I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道」(ミヅマ・アクション、東京、2010年)、個展「天界トリップ Heaven’s Trip」(ミヅマ・アクション、東京、2008年)等。主な書籍として、作品集『天界トリップ』(河出書房新社、2012年)、『ベイビー・シャワー・スト ーリー』(河出書房新社、2012年)、『I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010 - 妖精の行く道』( ERECT Lab.、2012年)、漫画単行本『MWUAI』(ダイトカイ、2012年)、あちゃちゅむデザイナー・しんやまさこ氏とのコラボレーション絵本『カラポンポン』(六耀社、2013年)、『カラポンポン』特装版(六耀社、2016年)、写真評論家・飯沢耕太郎氏とのコラボレーション絵本『きのこの国のアリス』(ステュディオ・パラボリカ、2015年)等。

小獅子 / Small Heavenly Lion, 2011, Pencil and acrylic on paper mounted on panel, 455×530mm ©KYOTARO 

天馬 / Heavenly Horse, 2008,Pencil on paper mounted on panel, 1120×1455mm ©KYOTARO

The Baby Shower Story 誕生祝賀会に全員集合 / The Birthday Celebration: Gathering of All, 2003 Pencil on paper, 515×730mm ©KYOTARO

The Baby Shower Story 誕生の日 / The Day of the Birth, 2002 Pencil on paper, 364×545mm ©KYOTARO

ページの先頭へ